Tram1_gold coast

トラム&バスでゴールドコーストをもっと楽しく!公共交通を上手に使って巡ろう!

ゴールドコースト に観光に来たのにホテルから行きたい場所にどうやって行ったらいいの?ってやっぱり気になるし、でも知っておくと便利だよね!せっかくゴールドコースト に来たのにビーチだけではもったいない!自然公園やお洒落カフェや人気テーマパークもあるし、最大級のショッピングセンターも行ってみたい。外国で冒険するのは結構勇気がいるけどこの機会にトラム(路面電車)やバスなどの公共交通機関 を利用して休暇を思いっきり楽しんじゃいましょう〜♪

Step 1 | Destination Gold Coast, Surfers Paradise Visitor Information and Booking Centre | ゴールドコースト 観光局ビジターインフォメーション&ブッキングセンターへ

ゴールドコーストのホテル到着して荷物を置いたら、まず向かって欲しいのが、ゴールドコースト 観光局のビジターインフォメーションセンター&ブッキングセンター!ここで販売しているトラム とバス1日乗り放題のgo explore カード について、買い方や使い方を聞きに行ってみよう〜♪
インフォメーションセンターの場所ですが、サーファーズパラダイス中心部のCavill Avenue(カビルアベニュー)のサーファーズで最も有名なサイン(サーファーズパラダイスアーチ)がある通り、そこから西に約200m 程歩いていくとゴールドコースト観光局のインフォメーションセンター(※)が見えてきます。

トラムとバスの1日乗り放題カードを大人10ドルで購入できます。このカードはgo explore(ゴーエクスプロア)と呼ばれていて観光を気ままに楽しみたい人にはとってもお得で便利な乗車券です!

ここゴールドコースト観光局ビジターインフォメーションセンターでは1日乗り放題カードの購入が出来ます。その他には観光に役立つ情報や体験してみたいと思ったアトラクションツアーなどの予約も可能。ゴールドコースト 観光で迷っていたら是非こちらにどうぞ!

※ちなみにゴールドコースト観光局ビジターインフォメーションセンターはゴールドコースト空港にもオフィスがあります!

Step 2|go explore card | ゴーエクスプロアカードの買い方とチャージの仕方

go explore カードはゴールドコースト の旅行者に最適な公共交通機関のトラベルカード(乗車パス)になります。人気観光地やテーマパーク行きの トラム やバスを1日乗り放題で利用できるのが魅力。料金は大人10ドル、子供5ドル(5−14歳)5歳以下のお子様は無料になります。

有効期限の期間は一番初めにタッチした時から翌日の午前3時まで有効。また、そのカードを次の日に使いたい又は毎日使いたい場合はセブンイレブンのコンビニエンスストア又は全トラムのプラットホームの運賃精算機でリチャージすることが出来ます。(最高8回までリチャージ可能)
ショップでの購入の際、Can I reload my go explore card please ?とスタッフに尋ねてみてくださいね。

*ブリスベン方面に観光をお考えの方。こちらのgo explore カードでのクイーンズランド鉄道の利用は出来ませんのでご注意下さい。

Step 3|トラムとバスの乗車方法を覚えよう!

さあ、go explore カードを購入したらトラムが乗車できる駅をめがけてLet’s Go! ゴールドコースト 観光局のインフォメーションセンターで購入したらそこから近いトラムの駅はカビルアベニュー 駅になります。

まずは何処から乗車したのか分かるようにカードをタッチしないといけません。改札口などは無く、全トラム駅には数箇所オレンジ色の機械が備え付けてあります。そこに「touch here」 と書かれた箇所にカードをタッチすると、日本と同様にピっと音がします。もちろん、降りる際もこの機械に必ずタッチして下さいね。

トラムの乗り降りの際の注意

国が変われば電車の乗り降りも変わっちゃうこともあります!1年中暑い日の多いゴールドコースト 。トラムの中はもちろんエアコンがかかっていますので涼しく快適な温度設定になっています。その為、乗り降りの際には必ずドアボタンを押さないとドアは開かないシステムになっています。初めてのトラムを乗車する時には忘れずにドアボタンを押してね。

バスの乗り方

Photo ©Translink

トラム南方面の最終停車駅はBroadbeach South駅(ブロードビーチサウス)。その駅周辺はゴールドコースト最大級のショッピングセンターPacific Fair Shopping Centre (パシフィックフェスショッピングセンター)が駅付近にあります。もちろん、バスを利用する際もgo explore カードが使えます!バス乗り場はトラムを降りたらすぐ隣なので迷う事なし!そこから南方面にあるMiami (マイアミ) 、Burleigh Heads(バーレーヘッズ)、Currumbin(カランビン)、Tweed(ツイード)に行ってみたいなぁと思ったら、Broadbeach South Station Stop Aのバス乗り場 から700番のバスを利用するのが便利!平日朝7時ー夜19時まで約15分毎に運行。

Stop Bの乗り場からは777番のゴールドコースト 空港に到着する快速バスになります。こちらのバスは週7日朝7時ー夜19時まで約15分毎に運行。

Step 4 |ゴールドコーストの中心部から人気テーマパークへ行ってみよう!

人気テーマパークに行くプランがある方は、トラムで北方面の最終停車駅Helensvale駅(ヘレンズベル)まで行くと、ここからバスに乗り換えていただくことになります。階段手前の時刻表の下にバス乗り場の行き方が書いてあります。階段又はエレベーターで1階まで上がってね。そして、外に出た左側にバス乗り場が見えてきます。きっとテーマパーク行きのバスを待っている観光客で賑わっているのですぐ分かると思いますよ。

「TX7」番号が付いたバスはWet’n’Wild(ウェットン ワイルド)Movie World (ムービーワールド)Dreamworld & White Water World(ドリームワールド&ホワイトウォーターワールド行きのバスなので、こちらのバスに乗車したらお好きなテーマパークで降りるだけです。

★go explore パスでは乗船できませんが、2019年末より公共フェリーサービス「Hopo」のトライアル運行が実施中です。Sea World (シーワールド) へもチケットさえ買えば、船旅の公共交通でアクセス可能!

Step 5|自動券売機の使い方も覚えておこう!

どのトラム駅でも自動券売機があり、すべてが英語だからどうしようって思っちゃうところですが、画面の右下にある「Other Languages」を選択すると、日本語の画面に変わるので安心。go exploreカードがない場合は、必ず自動券売機でチケットを購入して下さい。全トラム駅は改札機は無く購入したチケットを係員が見回りに来た時に確認します。

すべてのエリアにはゾーン(Zone)という名前で区分けされている。利用が多いエリアはヘレンズベル駅からブロードビーチサウス駅でゾーン5。1ゾーン内であればバスとトラムを乗り継ぎしても一律の金額。他のゾーンにも行く予定がある場合は2ゾーンということで金額が変わります。

例えば:カビルアベニュー駅からバスとトラム利用し、ゾーン5以内で移動は$4.90 (チケット1回分)

ブロードビーチサウス駅からバズでバーレーヘッズまで行きたい場合は、ブロードビーチサウス駅は5ゾーンでバーレーヘッズはゾーン6になります。そうなると、2ゾーンになるので$6.00 (チケット1回分)そして、ホテルに戻る場合、プラス往復のチケット代が必要になります。
(go exploreカードは10ドルで1日乗り放題なので断然お得だということが、よく分かるでしょうか!)

トラムが走る場所の地図や時刻表などのインフォメーションを携帯で分かりやすく確認することが出来るアプリTRANSLinkのMy Gをダウンロードしておくと、旅がさらに楽になります。バスの時刻表やルートをチェックするにはTransLinkのサイトも合わせて上手に使いましょう。

いかがでしたか?トラム 、バス両方の乗り方を覚えると自発的に旅出来る範囲が広がり、旅行がもっともっと楽しくなること請け合い。次のゴールドコースト旅行は、ぜひ公共交通を積極的に使った街巡りにもチャレンジしてみましょう!